2007年03月

都離美庵(トレビアン)

今日は、小国にある叔父の「山小屋」へ行ってきました。
この山小屋「都離美庵」といいます。
3月は毎年、「下げもん雛飾り」を一般公開していて、土、日になると一日80名以上の来客となります。
叔父夫婦は、福岡に住んでいるのですが、10年近く前に叔父の実家(小国)の裏山に、茅葺き屋根の山小屋をつくりました。
手入れのされていなかった杉山でしたが、叔父夫婦がコツコツと手を加え、地元の人たちの協力も得て、1500本近い桜の苗とシャクナゲを植えました。
4月になると桜が満開になり、それはそれは見事な景色となりますOK
さて、「下げもん雛飾り」の話に戻りますが、、娘が柳川に嫁いだ事で「下げもん」という雛飾りに出会い、それがキッカケで、毎年叔母が都離美庵に下げもん雛飾りをするようになりました。これは、もう亡くなりましたが、祖母に見せてあげようと飾ったのが始まりで、祖母が亡くなった後は「ばあちゃんも、ここに人が集まるのが好きだったから・・・」と、毎年飾り続けています。
今日は、ラジオ放送生出演で、叔母がインタビューを受けました。
下げもん雛飾り見物はもちろん無料!さらに、叔母の手作りぜんざいや、漬け物、お茶など出てきますよーー!こちらも、もちろん無料です!
・・なんて汗お金の話をしようものなら、叔母から怒られます汗
「見物に立ち寄っていただいて、話しをしたり、お茶を飲んだり・・・そこに出会いがあることが幸せなんだから・・・」と叔母は言います。
「出会い」を大切にしたい!
ん~っ!かっこいい!
都離美庵の場所は、小国町役場で聞いていただくとすぐ教えてくださるそうです笑顔物産館でも教えてくれるとか・・・。
色々な雛飾りがあるので、ゆーっくり見てほしいですハート

写真は叔母が生出演中!
070318.jpg

玄関入ると、竹灯籠がお出迎え
070318_1.jpg

土間の間仕切り完成~

2月に杉の丸太を磨き、間柱の準備をしておりましたが、いよいよその間柱とツインカーボを組み合わせ、玄関土間に間仕切りをつくる事となりました。
取付けは、玄関建具をつくっていただいた「光正」の城野さんにお願いしました。
玄関入ってすぐに私達の作業スペースがあり、パソコンや作業台が丸見えでしたが、この間仕切りが出来た事で、玄関の雰囲気がグーンと良くなりました。
こちらもツインカーボは、千本格子風にアレンジしています。
光も入り、雰囲気も出て大満足です。
築50年の納屋だったこともあって、梁や柱が垂直ではないところもある中、城野さんが、しっかりとおさめてくれました。大変な作業、ありがとうございました。

こちらは間柱を建ててみたところ(パソコンなどが見えてます)↓
070313.jpg

取付完了!!(雰囲気が出てます)↓
070313_1.jpg

夕日のアート

仕事も一段落したこの時間(16時頃)
ふとキッズルームにぶらぶらと行ってみた。
"あ~もう夕方か~"なんて思いながら座って、自然とブラインドの方に目をやると、、
え??え?これビワの木の影?
この腰窓は、「直接夕日が入らないように低く設定」&「座った時にビワの木が見えるように」と設計していたのだけれど、
夕日が差し込むこの時間!ビワの木が、ブラインドに綺麗に影をつくっているではありませんか。
和紙調のプリーツブラインドと揺れる木の影がなんとも良い感じ。
多分、普通の高さにある大きな窓だったら何も感じなかったかもしれないけれど、この横長い腰窓だったから、ちょっとしたアートに感じたのかもしれませんね。
070306.jpg

アクリル看板

今朝から事務所の看板取付が行われました音符
待ちに待った看板!
今まで近所の人からは「ここは和食料理やさんね?」とか「何ができよっとだろかて思いよったたい」とか・・・汗
まあ設計事務所とは思われない外観だったもので、、早く看板を付けたいと思ってました。
取付終了すると同時に、すがすがしい気持ちになり、晴れて設計事務所として出発できた気持ちになりましたハート
まあ7年前から出発してはいたんですけどね汗
今までちゃんとしっかりとした看板というのが無かったというのも笑っちゃいます。いや笑えない??困った
アクリル看板の色はラベンダー色です。
この後、照明を取付て、遠くからでも綺麗に見えるようにしたいと思っています。
070302.jpg
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ